芸能ニュース速報

芸能ニュースの色々をお届けします

和田アキ子「女性の立場として言う。」

動物園φ ★ 2018/04/19(木) 13:53:30.60

4/19(木) 13:50配信
日刊スポーツ

 歌手の和田アキ子(68)が、財務省の福田淳一事務次官を告発したテレビ朝日の女性記者を「勇気がある」と称賛した。

 和田は19日放送のフジテレビ系「バイキング」に出演。テレ朝の女性記者がセクハラ被害を上司に相談するも同局では報じられなかったことから週刊新潮で告発した行動について「弱い立場にある女性が一人で戦おうと思った。これは凄いことじゃないですか」と称えた。

 MCの坂上忍も「(女性記者は)頑張ったな」と和田の意見に同調。「女性が声を上げづらい環境があるのでは」と女性記者の立場を思いやると、和田は「まだ男尊女卑があるというか、そういうのはあるのでは」と続いた。

 「女性の立場として言う。女性って地位が低い。日本は」と切実な意見を述べた和田。「今回のようにハラスメントを受けた時は、ちゃんと聞く耳持ってよ」と訴えた。

 また和田は「女性記者もテレ朝も勇気がある。人としてのステップをちゃんと踏まれている」と評価。一方の福田氏に対しては「辞めるけど(セクハラ発言は)認めないという、事務次官は恥ずかしい」と苦言を呈した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00184078-nksports-ent



続きを読む

川口春奈、変装ゼロの電車移動ショットにファン驚き

ひかり ★ 2018/04/19(木) 16:31:08.67

 女優の川口春奈さんが4月17日、電車移動中の写真をInstagramで公開。変装を一切していないナチュラルな姿に、
ファンからは「普通に電車乗ってることにびっくり!」「変装とかしなくて大丈夫?」など驚きの声があがっています。
乗り合わせた人うらやましい!

 ラジオ番組の収録に行ってきたという川口さんは、マスクやメガネなどの変装を全くしていない“100%川口春奈”の状態で
電車移動している姿をアップ。扉付近に立って荷物片手にスマホをいじっており、黒とグレーの落ち着いた服装もあいまってか、
乗客の1人として電車内の風景にナチュラルに溶け込んでいます。普通に乗ってるんだ……。

 座席が全て埋まる程度の乗客はいるものの、誰一人として川口さんの存在に気づいている人はいない様子。あまりに自然体な姿に
驚きを隠せませんが、普段から全く変装をしないわけでもないようで、過去に「渋谷のど真ん中でアイス食べ歩き」と
若者が多く集まる渋谷に繰り出した際にはメガネ&キャップで素顔を隠した姿をInstagramにアップしていました。
渋谷で素顔だと大変なことになりそう。

 ファンからは、「ナチュラルに電車乗ってる!」「春奈ちゃんが電車…?!」「変装とかなしで電車乗るんですね!」
「こんな可愛い娘が電車にいたら大変だよ!」「車内がパニックになりませんか?」など驚きの心配のコメントが続々。
「いつか見かけるかな」「その車両に乗りたい」「遭遇できたらいいのに……」など淡い期待に胸を膨らませる人も多く見られました。

ねとらぼ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000078-it_nlab-ent



続きを読む

フジ月9、長澤まさみで打ち切りか!?

影のたけし軍団ρ ★ 2018/04/19(木) 11:21:47.85

長澤まさみ(30)主演のフジテレビの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」が、2回連続で1桁台の視聴率という大苦戦を強いられている。
かつては視聴率20%以上を当たり前のように取っていた月9だが、最近は2桁もなかなか取れない低迷ぶりだ。

長らく不振が続くフジはこの4月期の改編で、多くの長寿バラエティー番組を打ち切った。
その標的はバラエティーだけではないとみられ「次は月9が打ち切られるのでは」とささやかれている。

長澤が主演する「コンフィデンスマンJP」は、9日にスタート。
初回が9・4%と1桁台でスタートすると、16日放送の第2話は7・7%とさらに数字を落としてしまった。

この作品に限らず、最近の月9は低迷を続けている。2016年1〜3月クールに放送された
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の9・7%以降、全話平均視聴率は、そのほとんどが1桁台の低迷ぶりだ。

全話平均が唯一、2桁台に乗ったのは昨年7〜9月クールの「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」。
山下智久が主演し、話題を集めた同ドラマは、平均14・8%という高視聴率を記録し「ようやく“月9復権”の兆しが見えてきた」といわれた。

だが、後が続かなかった。10〜12月の「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」が6・7%、
今年1〜3月の「海月姫」は6・1%にまで落ち込み、またも“暗黒期”に戻ってしまった。

かつて黄金時代を築いたが、このところめっきり視聴率が低迷しているフジは、4月期の番組改編で、
バラエティー分野において“聖域なき改革”を断行。いずれも20年以上にわたって放送された長寿番組
「とんねるずのみなさんのおかげでした」と「めちゃ×2イケてるッ!」を打ち切った。ほかにも「おじゃMAP!!」なども終了させた。

視聴率が低迷する番組を次々に打ち切るのは、昨年6月に就任した宮内正喜社長の方針だ。
かつて多くのヒットドラマを手がけた亀山千広氏からトップの座をバトンタッチされた宮内社長は、就任直後から「業績を回復する一点に絞る」と明言してきた。

「そのためには何よりも視聴率アップが大事。これまで、視聴率は低迷しているのに“長い間放送してきた”という理由だけで続けてきた
『みなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』の打ち切りを決めたんです」(フジテレビ関係者)

4月の改編ではバラエティー番組を次々と打ち切ったが、標的はもちろんバラエティー部門だけではない。
これから先も視聴率が低迷し続ければ、月9も当然、打ち切りの対象になってくるとみられている。

「今回の月9は、長澤がセクシー路線を全開にしてさまざまなコスプレに挑戦している。
東スポさんでも“長澤が低迷するフジの救世主に”と書いていたけど、局内でも大きな期待がかかっていた。それがいきなりの低空飛行だから、ショックは大きい」(同)

また別の同局関係者は「宮内さんの前任である亀山さんは、月9にものすごい思い入れがある。
そりゃ、そうですよね。キムタクが主演して大人気となった『ロングバケーション』(1996年)を手がけ、
全話平均29・6%というものすごい視聴率を記録したんだから。亀山さんなら月9を打ち切るなんてことは考えもしなかっただろう」と言う。

だが、宮内社長は主に編成部門を歩んできた。

「だから月9に全く思い入れはない。『みなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』と同様に“数字が悪かったら打ち切る”と判断するでしょうね」(同)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000004-tospoweb-ent

【話題】長澤まさみ主演の月9「コンフィデンスマンJP」第2話は7・7% 初回から1・7ポイントダウン★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524035937/

【視聴率】長澤まさみ主演“月9”『コンフィデンスマンJP』初回は9.4%★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523341266/


続きを読む
ギャラリー
  • 和田アキ子「女性の立場として言う。」
  • 和田アキ子「女性の立場として言う。」
  • 川口春奈、変装ゼロの電車移動ショットにファン驚き
  • 小島瑠璃子、ポストベッキーどころか有働由美子の後釜狙えるか
  • 小島瑠璃子、ポストベッキーどころか有働由美子の後釜狙えるか
  • 小島瑠璃子、ポストベッキーどころか有働由美子の後釜狙えるか
  • 小島瑠璃子、ポストベッキーどころか有働由美子の後釜狙えるか
  • 山本彩が撮った恐怖の心霊写真
  • 【悲報】吉岡里帆 ちゃんの無修正が流出
最新コメント